親として英語を学ぶ

幼児に英語をと思う気持ちはあってもそれがうまくいくとは限りません。

典型的にうまくいかない例を挙げれば、親として自分自身が英語に興味がない場合です。

もう1つは、親が英語をまったく分かっていない場合です。

小さいうちなら幼児は英語を聞き取る力があるのだと言って、ムリに英語で幼児に英語で話しかけている人がいますが、その発音は正しいのでしょうか。

もし発音が間違っているようでしたらそれは百害あって一利なしです。

また、自分が正しい英語の勉強法を知らずして自分の思いこみで幼児に対して教育を進めていくのもひどい間違いです。

進む方向が間違っていればどれだけ進んでも間違った方向へとより進んでしまうだけなのです。

もし、子どもに英語を教えるのであれば、親として英語の勉強法について多少なりとも知識を仕入れておいた方がいいでしょう。

暗記をしたりというものではなく、正しい方法について読んで知るだけなので、これができないというのはただの努力不足でしかありません。

こんな努力不足な親に限って子どもに英語を教えたいというのですからこちらとしてはあきれたものしかありません

英語勉強法の情報サイトはインターネットに無数にあるのでその中でも優秀なものを見つければ無料で学ぶことができます。

書店に言っても年齢別に英語の勉強法について書かれた書籍はあるのでそれらでも幼児に英語を教えるのには十分な情報を得ることが可能です。

まずは親として英語について知るようにしましょう。

そして子どもを正しい方向へと導く必要があります。